Venture's Live

日本の未来を担う成長ベンチャーが集結


HOME > Blog > 内定者を知る<株式会社ウィルゲート>

(Mon)

内定者を知る<株式会社ウィルゲート>

内定者を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!株式会社ウィルゲートの佐久間です。ウィルゲートはWEBマーケティングを軸に、ユーザーとサービスのベストマッチングを創造する企業です。今日紹介する内定者の彼女は、「誰とやるか」という価値観に共感して入社を決めてくれました。

ウィルゲート

 

株式会社ウィルゲート
http://www.willgate.co.jp/

2014年度入社内定者(中央大学)

<学生時代に熱心に取り組んでいたこと>
学生時代はダンスサークルに所属。そこで振付師もやっていたので、毎日学校で練習して、会議して、振りを作って、深夜練へ…という生活でした。その傍らで結構ガチなゼミに入っていて、ビジコンで優勝する為に毎日班で集まって準備していました。器用なタイプでもないし、常に眠くて嫌になる事もありましたが、チームで頑張る楽しさがモチベーションで、両方やりきれました。

<どんな就職活動をしていたか>
大手の社内のモチベーションの格差に気付いてげんなりしたり、どの業界にも今一ピンと来る企業がなかったり、どこかもやもやしながら、数社内定を頂き一旦就活を終えました。が、やはり後悔すると思ったので一ヶ月だけと自分の中で期限を決めて、再び就活を始めました。ベンチャーの魅力に気付いたのもウィルゲートに出会ったのもその後です。

<ウィルゲートに決めた理由>
私は自分の会社、仕事、仲間の事を自分の子供に熱く語れる大人になりたいと思っています。なので会社の未来を作っていくという事で圧倒的にその要素の強いベンチャー、中でも「何をやるかより誰とやるか」というウィルゲートの考え方に強く共感出来て、この会社で頑張っていきたい。と考えました。

<この時期やるべきこと>
今夢中になっている事をやりきって下さい。私は正直この時期ダンスとゼミの事しか頭にありませんでした。一つ、就活が本格化する前に必ずやっておいて欲しい事は、今している事が「何で」頑張れているのかを考える事。この「何で」の部分を明確にしておけば、どんなに沢山の企業の中からでも、必ずピンとくる企業は見つかります。

=======

「誰とやるか」というウィルゲートの考え方に共感してくれた彼女。11月からインターンも開始して「誰」と「何」をやるかにまで深く共感した彼女の活躍には期待大!ウィルゲートに興味を持ってくれた方は、お気軽に佐久間までご連絡ください!⇒https://www.facebook.com/sakuma.kenta