Venture's Live

日本の未来を担う成長ベンチャーが集結


HOME > Blog > 内定者を知る<株式会社マイクロアド>

(Wed)

内定者を知る<株式会社マイクロアド>

内定者を知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!内定者紹介第4号は株式会社マイクロアドの内定者です。
マイクロアドは「広告を情報に」をテーマに、独自の広告プラットフォームを通じて、メディアと広告主双方にメリットがある、新しい広告ビジネスを展開。国内トップシェア、海外8か国に展開するリーディングカンパニーです。
マイクロアド
株式会社マイクロアド
https://www.microad.co.jp/

立教大学  芝尾匡人さん

<3年生の夏に頑張っていたこと>
“就職浪人”を選んだ僕が4年生の夏にやっていたこととして、大手からベンチャーまで複数企業でのインターンが挙げられます。僕は「自分のやりたいことが明確になかった」ので、気になる企業のインターンに数多く参加することを大事にしました。会社の事業内容、事業戦略、社員、社風を知るといった「就労体験型インターン」や自らの現状のスキルやマインドを試し、足りないものを把握する「ミッション型インターン」など複数に参加しました。大手とベンチャーどちらも参加したことで、事業内容や裁量権、さらには会社の価値観や社風など比較検討することができ、興味のある業界、独自性ある企業を見つけることにつながったと思います。現役就活生の夏の時期はインターネットの情報だけで企業を調べていましたが、実際にインターンに参加してみると事業内容や事業戦略を知るだけでなく、社員や他大学の優秀な学生と出会い、新たな思考法や価値観を得ることができたので自らの成長につながる大変良い経験となりました。

<今だからこそ伝えたい、1~3年生へのこの夏の過ごし方アドバイス>
“就職浪人”をした僕が就活を控えた3年生におすすめする夏の過ごし方は2つあります。あくまで僕自身のポジショントークなので参考までに読んでいただけると幸いです。

⑴部活・サークルに対し、自ら工夫して取り組む
こちらは大学生活での取り組みにおいて部活・サークルへのコミットレベルが高い人向けです。多くの先輩、同期、後輩を見てきて「とりあえず頑張る」という人が非常に目立ちます。人間は誰でも頑張ることができるので、就活でアピールをする際にも役立つように代表や副代表といったステータス誇張ではなく、「自分が◯◯をすることによってチームに変化が生じ、良い結果を生むことにつながった」などと自分なりに工夫して取り組むことをおすすめ致します。

⑵大手とベンチャーのインターンに1つずつ参加する
こちらは夏から本格的に業界・企業研究を幅広くしたいという人向けです。有名な大企業のインターンにエントリーをする学生がほとんどですが、各業界の変遷を目論むベンチャー企業も見ておくべきだと僕は思います。現に僕が来年から携わる広告業界では新しいテクノロジーの誕生により、従来から脚光を浴び続けていた大手広告代理店が危機に面する事態になっているので、気になっている業界に関しては大手からベンチャーまで幅広く見て下さい。インターン参加目的は人それぞれだと思いますが、会社の知名度は低くても、インターン説明会で少しでも「事業内容や事業戦略に面白さを感じたベンチャー企業」には参加エントリーしてみるべきだと思います。そうすることによって自分が今まで知らなかった業界、企業を知ることができ、キャリアに対する新しい価値観を得ることにつながるのでおすすめです。

<就職活動始めたのはいつ?そこからどんな就職活動をしていたか。>
就職活動は3年生の夏から始め、サークルやアルバイトの先輩に就活の話を聞くところから活動を開始しました。例年12月から始める人が多いと聞いていましたが、将来やりたいことがとくになく、どうしようもない不安に駆られていました。しかし、当時はサークルの幹事学年としてサークルに注力したかったので、説明会やインターンには全く参加しませんでした。サークルに注力したものの、結果として、その後12月までは特に目立った活躍もすることなく、何となく幹事学年だからという理由でサークル活動を続け、大事な就活に臨んでしまいました。今の夏のうちに就活関連でできることは自ら時間を作って「とりあえずやってみること」を大事にした方が良いと思います。
後輩の皆さんにはしっかりと自信を持って就活に臨んで欲しいので現役就活生のときにやっておけばよかったことを3つ書きます。

⑴気軽に相談に乗ってくれる先輩を見つける
自己分析のやり方、情報収集ツールなど気になることを気軽に相談できる先輩を探してみて下さい。

⑵秋や冬のインターンにも参加してみる
秋や冬も数多くの注目すべきインターンがありますので、是非チェック及び参加してみて下さい。

⑶ 最も大事な自己分析を徹底する
性格、モチベーションの源泉、好きなこと、嫌いなこと、大事にしたいこと、とにかく自分について知って下さい。

<いまの内定先に決めた決め手は?>
広告業界を最先端テクノロジーによって、従来の広告のあり方を変え、「1人ひとりに適切な情報を届けること」を国内外問わず幅広くビジネスを展開しているところに大変魅力を感じました。僕が来年度から働くマイクロアドではアドプラットフォーム事業とアドネットワーク事業を主に展開しております。このようなテクノロジー系事業領域は広告業界における市場としての伸びが大変期待されております。その中で現在トップに君臨する「Google」をいかにして超えるかという高い志をマイクロアドの社員1人ひとりが掲げているところもまた決め手となりました。広告業界に興味のある学生は、大手広告代理店だけではなく、アドテクノロジー系企業の事業内容や事業戦略も見ることをおすすめします。なぜ?と思う方は「広告ビジネス次の10年〜データを制するものがビジネスを制す〜」を是非読んでみて下さい。